BLACKQP'67 - "HOT CHASE" 好評発売中!ジャパニーズ・ニュー・ジャズバンド「native」のリーダーを務めるマルチリードプレイヤー中村智由こと「blackqp」によるニュープロジェクト。キーワードは60〜70'sにかけてジャズシーンで流行ったブーガル、ジャズロック、ニューオリンズビート。ノスタルジックでハートフルな旋律、思わず体を揺らしてしまうグルーブは、最高にハッピーでダンディー!クラブジャズファンから歌謡曲リスナーまで、世代やジャンルを超えて届け、これぞ楽しむためジャズ!!

2006年04月06日

韓国RUN【L釜山の夜編】

こうして僕たちはまた釜山へ戻ってきた。

釜山は、超高層ビルが立ち並び、ネオンが煌々として、
数え切れない店の数々、多くの若者でにぎわっていて、
まさにアジアの大都市。東京並み。

もうすっかり夜になっていたので、宿探しから。
釜山はさすがに観光客もたくさんいる大都市なので、
ガイドブックに載ってる安そうなホテルを探す。
さすがに今度は普通のホテルに泊まりたい。

ということで、HOTEL ANGELというホテルに決定。
ガイドブックに載っているだけあって、
フロントで「Does anyone speak Japanese?」って訊いたら
「はいどうぞ」クラークはバイリンガルだった。

ガイドブックには40000ウォン〜って書いてあったけど、
3人で70000ウォンで済んだ。
韓国ではホテルの料金は2人分で表示するのが基本らしい。

さて、もちろん今夜も街へ繰り出して焼肉!

繁華街だけあって焼肉屋も選り取りみどり。
その中でも繁盛してそうな店に入る。
さすがに観光地釜山だけあって日本語メニューもある。
しかし、びっくりするのは値段。
カルビもロースも18000ウォン。
逆に日本より高いし!と思ったけど、
一人前の量が違うみたい。

この旅おなじみとなったHiteビールに加え、
韓国焼酎も飲む。飲む、、、そして飲む。

P3290017 のリサイズ画像.jpg  P3290020 のリサイズ画像.jpg

注文したものが続々とテーブルに並べられる。
そして何故か店員から肉を焼く順番を指定される。

それは、肉の種類によって鉄板を変えるためだった。
さすが本場。そしてやっぱりうまい。

P3290018 のリサイズ画像.jpg  P3290021 のリサイズ画像.jpg

結局3人で80000ウォン強、日本円で1万円。
観光地だからなのか、料金は日本とあまり変わらなかった・・・

その後は街を練り歩いた。
明らかにバッタもんとわかるナイキのシューズ、
屋台で売られる携帯電話、、、
突っ込みどころ満載の釜山の街。

もちろんバッタもんは安いけど、ちゃんとした製品は
日本とほとんど値段は変わらない。

自他共に認めるビートマニアなツルミは、
日本にはないフットスイッチに戸惑いながらも、
その腕が世界に通じることを証明してくれた。

P3290022 のリサイズ画像.jpg  P3290024 のリサイズ画像.jpg
ビートマニアならぬEZ DJ(フットスイッチ付き)↑

ホテルへ帰ってもう一飲みするはずが、即寝てしまった。
こうして韓国2日目終了。
posted by AT at 16:00| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世界のツルミは僕らの誇り。

連続カキコスマソ
Posted by hirayama at 2006年04月06日 17:28
やっぱEZ DJの前にかまえるツルの姿が
一番かっこいいよ。
慶州駅前で仁王立ちのツルとは大違い。
Posted by AT at 2006年04月06日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。